都市・地域の持続可能性アセスメント

分担執筆者として執筆をしました 原科幸彦・小泉秀樹編著『都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム』が学芸出版社より発売になりました。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3218-5.htm

長崎大の片山健介先生と、「オランダの戦略的環境アセスメントとその展開」について執筆しています。

編著者の先生、分担執筆者の先生と一緒に、日本環境共生学会の著述賞を頂きました。

大学院入試説明会・研究室説明会のお知らせ

平成28年度入学希望者への大学院都市イノベーション学府の入試説明会が5/9に行われます。

日時:平成 27年 5月 9日(土) 10:00~
場所:IUIパワープラントスタジオ(campus map: N7-2)

※申込みは不要です。
※入退室自由です。

本研究室志望者の方は、全体の説明会の後に系に分かれて説明会を行いますので、「地域社会系(グローバルスタディーズ)」の説明にご参加ください。

系での説明の後に、研究室説明会を開催します。
教員による説明、院生による説明や質疑応答、教員との研究テーマの相談などを行います。

大学院への入学を検討されている方は、是非ご参加ください!

2014年秋学期のゼミ活動

11/27 見学会(秋葉原)
12/18 拡大全体会、忘年会
1/15 見学会(多摩田園都市)
1/30 卒論提出
2/7 卒論審査会、お疲れ様会
2/13 IMP修論審査会
2/23 M1中間審査
3/24 追いコン
3/25 卒業式・修了式

学部スタジオの成果報告会、横浜市でのプレゼンテーション

今年の学部のスタジオでは2班に分かれて、川崎大師でのウェディング企画と深谷通信隊跡地での墓地の提案を行いました。
1/28に関内フューチャーセンターにて関係者にお越しいただき、成果発表会を行いました。
さらに、墓地の提案に関しては、3/6に横浜市役所にて柏崎副市長をはじめとする関係者約20名の前で報告を行い、この報告会については毎日新聞、神奈川新聞などで報道されました。
20150317毎日新聞-s 20150307神奈川新聞-s

ビンズン新都市(ベトナム訪問)

2014/11/7に開催された国際都市計画シンポジウム@ハノイでの発表のために、ベトナムに行ってきました。
前日にホーチミンの郊外に東急が建設しているビンズン新都市を訪問し、ベカメックス東急の呉さんにご案内をしていただきました。

sP1040068
モデルルームもあるSORA Towerのショールーム(?)。

sP1040069
あのキャラクターもいました。

sP1040083
日本のマンションのようなモデルルーム。
日本との違いは衣替えが必要ないので、収納が少ないこととのこと。

sP1040101
新都市の建設は始まったばかりですが、州都は新都市に移動し、すでに人民委員会も移動していました。

まだ建設が始まったばかりですので、数年度にもう一度訪れてみたいと思いました。

秋学期 学部スタジオスタート!

秋学期から、2年生5名に1年生8名が加わり、学部のスタジオがスタートしました。
非常勤講師として、建築事務所秋山立花代表の秋山怜史さん、mass×mass関内代表の治田友香さんを非常勤講師に迎えて、スタジオを運営していきます。

学生が取り組むテーマは2つ。
1)川崎ウェディング
2)横浜霊園プロジェクト

1)の川崎ウェディングは秋山さんが手がけているプロジェクトで、結婚式を挙げる場所が少ない川崎市においてウェディングを展開することによって、地域活性化させていこうというプロジェクトで、学生達はこの川崎ウェディングの中で自分たちのプロジェクトを企画し、運営していきます。

2)の横浜霊園プロジェクトは、周辺の住民の方から歓迎されるような霊園を横浜市に提案するものです。

どちらも難題なプロジェクトですが、学生の柔軟な発想で思いもよらないアイディアが出てくることを期待しています。

2014年度春学期のゼミ活動まとめ

2014年度春学期は主に以下のような活動をゼミで行いました。

水曜10:40~12:00:院生ゼミ
木曜13:00~14:30:3年生ゼミ 14:40~15:00:全体会 15:00~16:30:4年生ゼミ

3年生ゼミ
・アメリカ大都市の死と生 輪読
・コミュニティを問い直す 輪読
4年生ゼミ
卒論の進捗発表
院生ゼミ
研究の進捗発表

4/28 新歓
5/8 見学会 横浜の都市デザイン
6/19 見学会 横須賀市
7/3 見学会 谷中
7/17 拡大全体会(4年生、院生の研究進捗の発表) 春学期納会
8/26~28 ゼミ有志で陸前高田市、大槌町訪問
9/28~29 ゼミ旅行(香川県高松市・直島)

ゼミ旅行(香川県)

2014年9月28日~29日にゼミ旅行で香川県に行きました。

sP1030769sP1030789まず、高松市の丸亀町商店街で集合し、うどんを食べた後に、商店街を見学しました。

sP1030819その後、倉庫を店舗に改装した北浜Alleyに行き、琴電に乗って琴平の温泉宿で宿泊しました。

sP1030839翌朝は6:30に宿を出た、再び琴電に乗って高松に戻り、直島に渡りました。
月曜日だったため、多くの美術館は閉館していましたが、ゆっくりと島の散策ができました。

AITでの集中講義

2014年9月15日~19日までタイのアジア工科大学大学院AITのSchool of Environment and Natural ResourcesのUEM(Urban Environmental Management)で5日間の集中講義を行ってきました。

AITはタイ留学中に図書館を利用しにちょくちょく訪れていましたが、大洪水後に訪れるのは初めてでした。

クラスは、8月に入学したばかりの修士10名、博士3名の計13名が受講し、出身国もタイ、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムなど、様々な国から来た学生達でした。

入学していきなりの集中講義で学生達も最初は戸惑いがあったようにみえました。
こちらもAITの学生だからとかなり高レベルな要求をしてしまったので、学生達も大変だったようですが、5日目には大分成長したように見えました。
彼らがAITを卒業する前にもう一度AITを訪れて、彼らの成長を見てみたいと思いました。

AIT

インドネシア調査

8/31~9/7にかけて、大学院生の二人とインドネシア調査に行きました。

まず、ジャカルタにて東大大西研OBのToguさんと久しぶりの再開をしました。
Toguさんにコーディネートしていただき、当時アチェの村単位の計画であるビレッジプランに関与していたBekさんのお話を伺い、その後に世界銀行にて世界銀行のインドネシアでの災害復興のプログラムについてのお話を伺いました。
sP1030352
sP1030353

その後、東洋大の志摩ゼミに合流して、Cikiniカンポンをジャカルタ大のJoko先生にご案内いただきました。
sP1030530
sP1030604

ジャカルタを後にし、久しぶりにバンダアチェの地への赴きました。
シャクアラ大学のTDMRCで東日本大震災の復興状況の報告をし、研究の打ち合わせをして、復興住宅地を見学しました。
sP1030724
sP1030748

バンダアチェは相変わらず美しい町でした。
sP1030727