教員

松行 美帆子(准教授)

横浜国立大学広報誌「横国刻々 Vol.2」に、参加した都市科学部の座談会の記事が掲載されています。
横浜国立大学広報誌「YNU Vol.191」にインタビュー記事が載っています。

■連絡先
〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5 横浜国立大学大学院工学研究棟511
e-mail: mihoko***ynu.ac.jp ***を@に置き換えてください
勧誘の電話が多いため電話番号は公開しておりません。ご用のある方はメールでご連絡下さい。

■専門・研究テーマ
都市計画・まちづくり
とくに、開発途上国における都市計画・まちづくり、人口減少社会における都市計画・まちづくり、都市計画における環境配慮、合意形成。

■教育担当
学部:都市科学部都市基盤学科
教育人間科学部人間文化課程
大学院:都市イノベーション学府 都市イノベーション専攻(博士後期課程)
都市地域社会専攻 都市地域社会コース、国際基盤学コース(博士前期課程)

■経歴
1993年3月 女子学院高校卒業
1998年3月 東京大学工学部都市工学科卒業
2000年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程 修了
2001年9月~2002年9月 チュラロンコン大学建築学部都市・地域計画学科 留学
2004年3月  東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程 修了、博士(工学)
2004年7月~2007年2月 明星大学アジア環境研究センター 特別研究員
2007年2月~2007年9月 東京大学大学院工学系研究科国際都市再生研究センター 特任助教
2007年10月~2010年9月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 特任准教授
2010年10月~2011年3月 横浜国立大学大学院工学研究院 准教授
2011年4月~ 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院 准教授
2014年9月 Visiting Associate Professor, Asian Institute of Technology

■研究業績
論文・学会発表(本論文審査付き
Sayeda Saika Binte ALAM, Mihoko MATSUYUKI(2018), ‘Dwellers’ Satisfaction on Slum Rehabilitation Scheme and its Affecting Factors in Mumbai, India’, Urban and Regional Planning Review Vol.5. link

Anna Ishikawa and Mihoko Matsuyuki (2018), ‘The Effect of Modern Housing Development in Suburban Area on Travel Behavior in Developing Countries: A Case Study of Hanoi, Vietnam’, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Volume 12 (2017) pp. 1058-1075. link

Keiro Hattori, Kiyonobu Kaido and Mihoko Matsuyuki(2017) , ‘The development of urban shrinkage discourse and policy response in Japan’, Cities, 69C pp. 124-132.link

中村智幸・松行美帆子(2017)「世代交代の進展する地区の立地・空間的特性に関する研究」『都市計画論文集』Vol.52、No.3、pp.301-308.link

Sayeda Saika Binte ALAM, Mihoko MATSUYUKI(2017), ‘Applicability of Land Sharing Scheme to Korail Slum, Dhaka, Bangladesh’, Urban and Regional Planning Review Vol.4, pp.151-167. link

Sayamon Saiyot and Mihoko Matsuyuki(2016), ‘Study on Process of Building Adaptive Capacity to Climate Change through Social Capital in Low-Income Communities: A Case Study of Nakhon Sawan Municipality in Thailand’, Urban and Regional Planning Review Vol.3, pp.146-162.link

松田真依・松行美帆子(2016)「東日本大震災被災地における恒久住宅への移行期における高齢者の買い物行動の実態とその支援に関する研究」『都市計画論文集』Vol.51、No.3、pp.387-394.link

平野隆一・松行美帆子(2016)「開発途上国における自然災害からのボトムアップ型集落再建計画に関する中期的な評価-インドネシア・アチェ州における2004年インド洋大津波災害を事例として-」『土木学会論文集D3』、Vol.72、No.5、pp.I_73-I_81. link

Sayamon Saiyot and Mihoko Matsuyuki(2015), ‘MECHANISM OF FLOOD VULNERABILITY IN URBAN LOW-INCOME COMMUNITIES IN THAILAND’、『土木学会論文集D3』、Vol.71、No.5、pp.I-209-I-220. link

Sayamon Saiyot and Mihoko Matsuyuki(2015), ‘A Quantitative analysis of community resilience towards flooding in Thailand’ Journal of Sustainable Urbanization and Regeneration, Selected Papers from IASUR Conference 2014, 145-153, International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration

柏崎梢・松行美帆子(2014)「タイの都市中間層による地域コミュニティ開発活動の実施状況および制度的課題に関する一考察- −首都バンコクの「分譲住宅コミュニティ」に着目して 」、『都市計画論文集』No.49-3、pp.519-524. link

樋脇寿一・松行美帆子(2013)「インドネシア・アチェ州におけるインド洋大津波災害からの復興住宅地・再定住地における定住意識とその影響要因に関する研究」『都市計画論文集』、Vol.48、No.3、pp.867-872. link

松行美帆子・木下瑞夫(2012)「オランダにおけるエコロジカルネットワークの損傷への補償に関する研究 – アムステルダム市アイブルグ開発の事例 -」、『都市計画論文集』、Vo.47No.3. link

松行美帆子・木下瑞夫・西浦定継(2008)「土地利用計画に対するオランダ・イングランドの戦略的環境アセスメント制度及び事例の比較研究」、『都市計画論文集』、No.43-3, pp.757-762. link

Mihoko M. Matsuyuki, Sadatsugu Nishiura and Mizuo Kishita(2008), “Study on the Timing of Public Participation in the Planning Process -Stakeholder’s Meeting on Waste Water Management Plan in Thailand-“, Proceeding of International Symposium on Urban Planning 2008, pp.565-574.

松行美帆子・木下瑞夫・西浦定継(2006)「イングランドにおける土地利用計画への戦略的環境アセスメントの適用に関する研究」、『都市計画論文集』、No.41-3、 pp.881-886.

木下瑞夫・松行美帆子・瀬田史彦・西浦定継(2006)「欧州のSEA制度形成過程からみた土地利用計画に対する環境影響評価適用上の課題」、『都市計画論文集』、 No.41-3、pp.875-880

松行美帆子・城所哲夫・大西隆・西浦定継(2006)「タイにおける市民による都市・地域発展運動の発生、展開過程およびその社会的背景に関する研究 -トラン市における事例-」、『都市計画論文集』、No.41-2、pp.1-6. link

松行美帆子・城所哲夫・大西隆・西浦定継(2005)「タイにおける参加型都市・地方発展方策の変遷に関する研究」、『都市計画論文集』、No.40-3、pp.535-540. link

Sadatsugu Nishiura, Nobuhisa Taira and Mihoko M. Matsuyuki(2005), “Attitude of Municipal Government to the Rapid Decline in Japan’s Population” Proceeding of International Symposium on Urban Planning 2005, pp.387-394.

Mihoko M. Matsuyuki, Mizuo Kishita and Sadatsugu Nishiura(2005) “Study on the Practical Environmental Consideration System at the Planning Stage -Cases of Local Authorities in Japan-“, Proceeding of International Symposium on Urban Planning 2005, pp.113-122.

松行美帆子・大西隆・城所哲夫(2003)「発展途上国における地域環境保全システムの形成に関する研究―タイ王国サムットプラカーン県汚水処理場建設問題に関する地域の合意形成の実態分析―」、『都市計画論文集』、No.38、pp.7-12.link

松行美帆子・大西隆・城所哲夫(2001) 「市民参加型都市計画マスタープラン制度の導入による都市計画分野の拡大に関する研究―東京都三鷹市の事例―」『都市計画論文集』、No.36、pp.301-306.

Mihoko Matsuyuki, Tetsuo Kidokoro and Takashi Onishi(2001)”A study on the Impact of the Dispersed Urban Structure on Transportation in Bangkok Metropolitan Area”, Korea Planners Association(ed.), Proceedings of International Symposium on URBAN PLANNING 2001, pp.96-105.

松行美帆子・城所哲夫・大西隆(2000)「国際環境会議における政策提言型NGOの役割―温暖化防止京都会議に関するケーススタディ―」『計画行政』、第23巻第2号、pp.84-93.

Fumihiko SETA and Mihoko Matsuyuki(1999)”Appropriate Geographical Structure for Metropolitan Areas- Trial to Decentralise Industrial Locations and Activities in case of Thailand-“, in OOI Giok Ling(ed.), Model Cities urban best practices, pp.174-185.

論文・報告・学会発表(一般)
本間拓実・松行美帆子(2018)「都市公園への飲食店設置における効果・課題に関しての研究」『都市計画報告集』No.16、pp.378-382.link

相津七海・松行美帆子・中村文彦(2017)「タイ・バンコク郊外部における住民の交通行動とコミュニティ形成に関する研究」『第56回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

岡見沙里夏・松行美帆子・中村文彦(2017)「開発途上国におけるモビリティ向上による貧困削減への波及範囲に関する研究―コロンビア・メデジン市におけるメトロカブレを事例にー 」『第56回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

木村希・松行美帆子・中村文彦・三浦詩乃(2017)「中心市街地における広場の特性と利用・運営実態に関する研究」『第56回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

Mihoko MATSUYUKI and Damrongsak RINCHUMPHU(2017)’Study on Transportation Behavior of Middle-Class Households with Children in Bangkok, Thailand’, “Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies”, Vol.11. link

Sarika Okami , Mihoko Matsuyuki , Fumihiko Nakamura(2017)’Research on Extent of the Effect on Poverty Reduction by Improvement of Mobility―Case Study of Metrocable in Medellin, Colombia’, “Proceedings of Asian-Pacific Planning Societies 2017″. link

Alam Sayeda Saika Binte Alam, Mihoko Matsuyuki(2017)’Dwellers Satisfaction on Slum Rehabilitation Scheme; SRS and its Affecting Factors in Mumbai, India’, “Proceedings of Asian-Pacific Planning Societies 2017″. link Best Presentation Award

Danang Insita Putra and Mihoko Matsuyuki(2017)’Stakeholder Analysis to Evaluate the Role of Local Actors in Decentralized Disaster Management in Indonesia’, “Proceedings of Asian-Pacific Planning Societies 2017″. link

岸良朋子・松行美帆子(2017)「日本人大学生と留学生の災害知識・対策の違いに関する研究」『都市計画報告集』No.15、pp.201-207.link

石川杏奈・松行美帆子(2016)「開発途上国大都市における郊外型近代住宅の形態・立地特性に関する研究 ―ベトナム・ハノイの複合開発を事例にー」『第54回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

中村智幸・松行美帆子(2016)「世代交代の進展へ影響を及ぼす 地区の立地・空間的特性に関する研究」『第54回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

井竿千鶴・松行美帆子(2016)「市街地再開発事業完了地区における再々開発の現状及び今後のあり方に関する研究」『都市計画報告集』No.15、pp.107-113.link

Danang Insita Putra and Mihoko Matsuyuki(2016)’Decentralization and Institutional Ambiguity in Disaster Management System in Indonesia’, “Proceedings of Asian-Pacific Planning Societies 2016″.

Saiyot Sayamon and Mihoko Matsuyuki(2015)’Study on Process of Building Adaptive Capacity to Climate Change through Social Capital in Low-income Communities-Case Study of Nakhon Sawan Municipality in Thailand'”Proceedings of the 12th Conference of Asian City Planning”, pp.83-93.

平野隆一・松行美帆子(2015)「自然災害からのボトムアップ型復興計画の評価に関する研究-インドネシア・バンダアチェ市における2004年スマトラ沖大地震・津波からの集落復興計画の事例-」『第52回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

中村智幸・松行美帆子(2015)「地方自治体と住民のコミュニケーション促進のためのSNSおよびスマートフォンアプリの活用に関する研究」『日本計画行政学会第38回全国大会研究報告要旨集』

小林麻衣子・松行美帆子(2015)「大規模災害発生時における外国人住民の情報収集に関する研究 -東日本大震災時の神奈川県いちょう団地を事例として-」『都市計画報告集』NO.14、pp.106-111.link

今瀬和哉・松行美帆子(2015)「コミュニティカフェの継続に必要な条件についての一考察 -横浜市・川崎市のコミュニティカフェを事例として-」『都市計画報告集』NO.13、pp.151-155.link

Mihoko Matsuyuki, Damrongsak Rinchumphu, Chaiwat Riratanaphong, Wiruj Somsopon(2014)’Transformation of Urban Structure after Operation of Urban Rail Transit in Bangkok, Thailand -Focusing on Office Location’, Proceedings of The 11th Conference of Asian City Planning (ACP2014), pp.28-37

Sayeda Saika Binte Alam, Mihoko Matsuyuki(2014)’Land Sharing as a Means for Securing Tenure for the Urban Poor in the Korail Slum Area, Dhaka, Bangladesh’ Proceedings of The 11th Conference of Asian City Planning (ACP2014), pp.89-101

Saiyot Sayamon and Mihoko Matsuyuki(2014)’Influencing Factors on Community Resilience Toward Flooding in Thailand-Focusing on withstandingand response’ 『第50回土木計画学研究発表会・講演集』、土木学会土木計画学研究委員会.

Saiyot Sayamon and Mihoko Matsuyuki(2014)’ Quantitative Analysis of Community Resilience towards Flooding in Thailand’, Proceedings of IASUR(International Alliance of Sustainable Urbanization and Regeneration)2014, IASUR.

Sarmad Hashmi and Mihoko Matsuyuki(2014)’ Evaluation of Good Governance of Regeneration Project in Pakistan–Case Study of Walled City Regeneration Project in Lahore’ Proceedings of International Symposium on urban planning 2014, Vietnam Urban Planning & Development Association .

Saiyot Sayamon and Mihoko Matsuyuki(2013)’Assessment Resilience Characters to enhance community resilience to flooding in Thailand’, The 9th International Symposium on Social Management Systems, Sydney.

Mihoko Matsuyuki, Toshikazu Hiwaki and Arizal(2013)’Factors influencing Attitude toward Settling down in Resettlement Sites after the Indian Ocean Tsunami in Banda Ache, Indonesia’, 3rd International Symposium on Engineering, Energy and Environment, Bangkok.

望月良亮、松行美帆子(2013)「反対運動の主張分析による道路計画における市民参加の方法に関する考察 ―中部横断自動車道路(長坂IC~八千穂IC)の事例―」『第48回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

吉野遼平、松行美帆子(2013)「低炭素都市づくりにおける地方自治体への支援のあり方に関する研究」『第48回土木計画学研究発表会・講演集』CDROM.

Mihoko MATSUYUKI, Ryo WAKAMIYA, Kittima LEERUTTANAWISUT (2013) Study on Lifestyle Transformation under the Influence of Rail Transit in Bangkok-Focusing on Condominium Development along Rail Transit -, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.9 (2013) link

松行美帆子(2013)、「オランダにおける戦略的環境アセスメント制度と空間計画への適用事例」『日本不動産学会誌』Vol.27、No.1、pp.96-103

松行美帆子(2010)、「低炭素と都市計画」、『季刊まちづくり』、27号、学芸出版社、pp.26-29

Mihoko M. Matsuyuki(2010), ‘Can Participation Mitigate Water Conflict?’, International Workshop on Sustainable City Region, AGS

松行美帆子・木下瑞夫・西浦定継(2008)、「オランダとイングランドの戦略的環境アセスメントの比較研究」、『第31回日本計画行政学会全国大会研究論文報告集』、pp185-188.

Mihoko Matsuyuki, Raywadee Roachanakanan, Mizuo Kishita, Sadatsugu Nishiura, Bunlur Emaruchi, Kobkaew Manomaipiboon(2007), “Public Participation in Wastewater Treatment Planning in Thailand-Experimental Stakeholders’ Meeting in Amphawa District”, 27th Annual Conference of International Association for Impact Assessment (IAIA)

Mizuo Kishita, Mihoko Matsuyuki, Sadatsugu Nishiura(2007), “Applicability of Strategic Environmental Assessment (SEA) to Urban Planning in Japan”, 27th Annual Conference of International Association for Impact Assessment (IAIA)

Sadatsugu Nishiura, Mihoko M. Matsuyuki, Kobkaew Manomaipiboon and Mizuo Kishita(2006), “Strategic Environmental Assessmet for Sustainable Urban Development in Thailand;, Proceedings of the Conference of Asiam City Planning 2006 , pp.111-120.

Mizuo Kishita, Mihoko Matsuyuki, Sadatsugu Nishiura(2006), “Strategic Environmental Assessment in the EU”, 20th EAROPH World Congress &Mayor’ Coucus.

Sadatsugu Nishiura, Mihoko Matsuyuki(2005)”A Meplan Model of Tama Urban Monorail”, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, pp.209-217.

Sadatsugu NISHIURA, Mizuo KISHITA, Hideki UEHARA, Sadahisa IWAYA, Satoko MOURI, Mihoko M. MATSUYUKI(2005), “Introduction of Strategic Environmental Assessment (SEA) into Asian Countries”, The 5th Conference of Science Council for Asia (ポスター)

Sadatsugu Nishiura and Mihoko M. Matsuyuki(2004), “A Study on Introduction of Strategic Environmental Assessment in Developing Countries -Case Study of Thailand-“, The Meeting of the Asian Area Studies of City Planning, Winter 2004 Proceeding , pp.27-30.

松行美帆子・城所哲夫・西浦定継(2004)、「タイにおける参加型都市・地方発展戦略の変遷に関する研究」、『都市計画アジア研究会2004年冬季研究集会論文集』、pp.80-84.

松行美帆子・大西隆・城所哲夫(2003)、「発展途上国における新たな地域環境管理の形成に関する研究―タイ王国トラン市におけるヘルシー・シティ・プロジェクトをケーススタディとして―」、『都市計画アジア研究会2003年秋季研究集会論文集』、pp.7-12.

城所哲夫・松行美帆子(2002)、「バンコク大都市圏の都市構造と交通特性―持続可能性の視点から―」、『都市空間構造が自動車交通に及ぼす影響―環境負荷が小さい都市交通戦略に向けて―』、(財)日本交通政策研究会、pp67-78.

松行美帆子・杉原弘恭・生駒依子(2001)、「自立型都市経営に向けた新しい動き―みたか市民プラン21会議―」、『RPレビュー』、No.1、Vol.4、日本政策投資銀行地域政策研究センター、pp.30-38.

松行美帆子・城所哲夫・瀬田史彦・大西隆(1999)、「発展途上国大都市における交通問題に対する都市政策のあり方に関する研究~バンコク首都圏のケーススタディ~」、『第22回日本計画行政学会全国大会論文集』、pp25-30.

著書
中村文彦ほか(2018)『新興国の都市公共交通システムの推進課題に関する研究』公益財団法人日本交通政策研究会、石川杏奈・松行美帆子「開発途上国における近代郊外住宅開発が交通行動に与える影響ーベトナム・ハノイを事例にー」

松行美帆子・志摩憲寿・城所哲夫編著(2016)『グローバル時代のアジア都市論』丸善出版社

原科幸彦・小泉秀樹編著(2015)『都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム』学芸出版社、松行美帆子・片山健介「オランダの戦略的環境アセスメントとその展開」

Mihoko Matsuyuki(2011)’Sustainable Urban Planning with Strategies for Low-Carbon Cities’ in Onishi. T & Kobayashi H. eds.”Low-Carbon Cities -The Future of Urban Planning” Gakugei Shuppan-sha

大西隆・小林光編著(2010)『低炭素都市 これからのまちづくり』学芸出版社、松行美帆子「持続可能な都市の計画づくりと低炭素都市戦略」

都市計画・まちづくり凡例研究会編著(2010)『都市計画・まちづくり 紛争事例解説』、瀬田史彦・松行美帆子「戦略的環境アセスメント」

学位論文
松行美帆子(2000)、『バンコク首都圏の都市構造変容に対応した持続可能な都市交通整備のあり方に関する研究』(東京大学大学院工学系研究科・修士論文)

松行美帆子(2004)、『開発途上国における市民社会と地域環境管理の相互作用的発展に関する研究―タイ王国を事例として―』(東京大学大学院工学系研究科・博士論文)

報告書・その他

2001年度「プランニングスクール実態調査報告書」、(財)日本地域開発センター

瀬田史彦・ 山崎亮・姥浦道生・松行美帆子・金昶基(2009)「人口減少・少子高齢化に伴う諸問題と政策対応力の総合指標化」、国土交通省国土政策関係支援事業 link

松行美帆子(2008)、「東大まちづくり大学院とまちづくりの社会人教育」、『地方シンクタンク協議会機関誌』、No.81、地方シンクタンク協議会 link

受賞
平成17年度 日本都市計画学会 論文奨励賞 受賞  (受賞対象論文 『開発途上国における市民社会と地域環境管理の相互作用的発展に関する研究―タイ王国を事例として―』(博士論文))

平成27年度 日本環境共生学会 著述賞 受賞 (受賞対象 『都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム』)

外部委員会
1998年   日本交通政策研究会 環境負荷の小さい都市交通戦略プロジェクト 委員
2007年~2008年12月   西東京市総合計画策定審議会 委員
2008年   日本計画行政学会第31回全国大会 大会事務副局長
2010年1月~2012年 環境省温暖化中長期ロードマップ調査 地域づくりWG 委員
2010年7月~2012年3月 環境省温暖化中長期ロードマップ調査 地域づくりWG 地区・街区SWG 委員
2010年7月~ 国際協力機構(JICA)環境社会配慮助言委員会 委員
2011年1月~ 世田谷区環境審議会 委員
2011年~2015年2月 環境省チャレンジ25地域づくり事業審査会 委員
2014年3月~ 横浜市土地利用審査会 委員
2014年4月~ 横須賀市都市計画審議会 委員
2014年11月~2016年10月 大和市開発審査会 委員
2015年4月~ 横浜市墓地等設置紛争調停委員会 委員
2015年4月~ 横浜市企業等誘致推進本部審査部会 専門委員
2015年6月~ 日本交通政策研究会 新興国の都市公共交通政策の動向に関する研究 プロジェクトメンバー
2016年3月~ 鎌倉市まちづくり審議会 委員
2016年8月~11月 環境省地方公共団体実行計画(区域施策編)策定マニュアルに関する検討会 委員
2016年9月~ 横浜市大規模小売店舗立地審議会 委員
2016年11月~ 横浜市京浜臨海部守屋・恵比須地区研究開発拠点施設整備・運営等事業者選定委員会 委員
2017年6月~ 神奈川県国土利用計画審議会 委員
2017年9月~ 財務省旧軍港市国有財産処理審議会 委員
2018年1月〜 鎌倉市緑政審議会 委員
2018年4月〜 茅ヶ崎市総合計画審議会 委員
2018年4月〜 神奈川県総合計画審議会 特別委員

競争的研究資金獲得状況(研究代表者のみ)
1. 『アジア開発途上国における計画段階での環境影響評価の導入に関する研究』 日本学術振興会科学研究費 若手研究(B) 平成17年度~19年度(3ヶ年)
2. 『我が国の道路計画への戦略的環境アセスメントの適用に関する研究』 日本学術振興会 科学研究費 若手(B) 平成20年度~22年度(3ヶ年)
3. 『アジア開発途上国における軌道系交通機関の導入による都市構造の変容に関する研究』 日本学術振興会 科学研究費 若手(B) 平成23年度~26年度(3ヶ年(産育休による中断のため1年延長))
4. 『開発途上国におけるモビリティの向上による貧困削減への波及範囲に関する研究-コロンビア・メデジン市におけるメトロ・カブレの事例-』鹿島学術振興財団2015-2016年度研究助成
5. 『アジア開発途上国における縮小都市の現状と我が国の経験の適応に関する研究』日本学術振興会 科学研究費 基盤(C) 平成29年度~32年度

外部講義・講演
2014年度~2017年度 JICA「都市計画総合コース」「都市計画と環境配慮」講義・演習 講師
2017年1月27日 カーボンオフセット推進ネット 第10回CO-Net公開セミナー 「人口減少時代のまちづくり」講師
2017年1月31日 国際都市計画交流組織(INEX)推進協議会 INEX推進協議会平成28年度第2回人口減少・高齢化時代の都市計画部会「人口減少時代のまちづくり」講師
2017年2月16日 近畿府県市 市街地再開発事業の今後の展開に関する検討会 第9回検討会 「再々開発の現状及び今後のあり方に関する研究」講師

加入学会
日本都市計画学会
土木学会
日本計画行政学会
日本建築学会
国際開発学会
東アジア交通学会