大学院を受験する方へ

本研究室(大学院)の特色
■少人数教育による徹底した議論
本研究室は、大学院生は一学年数名の小さな研究室です。
学生が少ない分、教員と学生の距離が近く、研究テーマに関して徹底的に議論を行い、論理的に考え、それを表現する力をつけていきます。
また留学生、とくに英語で教育を受けている留学生が多いというのも特徴の一つです。

■多様な国、多様な分野出身者
大学院生の学部での専門分野は様々で、工学(建築、土木、環境工学)からの出身者と文系の出身者がいます。
関連分野(まちづくり・都市問題・政策に関する学部、国際開発に関する学部)であれば、文理問わず学生の受け入れをしています。
通常、一つの専門領域を学ぶ学生のみが集まって研究室を構成していますが、本研究室は多様なバックグラウンドをもった学生が、それぞれの視点を活かし、他の分野出身者の視点から学びながら、日々研鑽しています。
また、留学生も数名おり、研究室内では日本人学生は英語で交流を図っています。
毎週行っている研究室会議では、英語での発表(留学生)・議論、日本語での発表・議論を隔週で行っています。

■フィールド主義
百聞は一見にしかず、という諺はありますが、まちづくりの研究はまさにそれが当てはまります。
とくに、開発途上国の研究をする際には、その国に何度も行って、人々の生き方、考え方を肌で感じることが非常に重要です。
本研究室では、とくに開発途上国の研究では、フィールドでの調査を重視しています。
フィールドでの実践と研究室での理論の習得、議論を往復しながら研究を行っていきます。

研究室の概要にもありますように、都市計画やまちづくりに関して、幅広く研究テーマを設定していますので、関心がある方は是非問い合わせて下さい。
研究室見学は随時行っていますので、希望される方は教員にコンタクトを取ってください。

都市イノベーション学府の入試について
■入試日程
都市イノベーション学府では、夏(特別選考7月、一般8月)と冬(2月)に入試を行っています。
冬の入試に関しては、夏の入試で受け入れ人数が埋まってしまうと募集をしないこともありますので、夏の入試を受験することをお薦めしています。
入試について詳細は都市イノベーション学府のHPをご覧下さい。

研究テーマが合致するか確認するために、出願前に必ず教員にコンタクトを取るようにしてください。

研究生の受け入れについて
現在、キャパシティの問題より、研究生の受け入れは行っておりません。
研究生の受け入れに関するメールをいただいても返信はしておりませんのでご了承ください。

取得学位について
以下の学位が博士前期課程、博士後期課程において取得できます。
入学時に取得希望学位を決めます。基本的に、理系出身者は工学の学位を、文系出身者は学術の学位を取得することを薦めていますが、研究テーマや将来の希望進路などにあわせて決めていきます。
修士(工学)もしくは修士(学術)
博士(工学)もしくは博士(学術)